JavaScriptを有効にするとメニュー表示されます

いらっしゃいませ。あなたは
番目の
お客様です。ここでは、アマチュア無線と栃尾の話題をメインとしております


始めた日 (2000.02.01)
最終更新 (2017.08.14)

更新履歴


栃尾ライブカメラ(動画)




連絡先


    迷惑メールお断り!
 

最近の出来事


「 加治川治水ダム 」

 お盆の休みにどっか行きたいけど、どこも行きたいところが無い。家族も口をそろえて「混んでいるところは行きたくない」とのたまいます。
 それじゃあここなら空いているんじゃネーノ? ということで、まだ一度も足を踏み入れたことの無い、新発田の山奥、加治川治水ダムを目指してみました。

 加治川治水ダムはその文字の通り治水ダムだとのことですので、我が地元の刈谷田ダムと同じく普段は水を貯めることも無く、水は流しっぱなしでしょうからダムには特に期待をしておりませんでした。
 それよりも、ダムの付近は昔は鉱山であり、その運搬に使われた鉄道の遺構が見られるというのでそっちを期待して行くことにしました。

 たぶんこのスノーシェッドもそうなのでしょう。この辺もきっと豪雪地でしょうから、冬の雪をナントカするために設けたのでしょうね。でもそれをそのまま道路に流用して下さいましたので、スノーシェッドの中ですれ違いが出来ません。なのでこんな交互通行の信号機が各所に設けられておりました。

 もう一つがこのトラス橋跡ですね。大正10年製だそうです。いまだに朽ちていないことに驚きですが、やがては雪の重みで落ちることになるのでしょう。ちなみに、この鉄橋の写真はネット上で沢山見かけましたが、さすがにこの鉄橋に登っている人は見ませんでした。うむ、良識ある人々ですな。(笑)

 ところで地図上では加治川治水ダムのことを「加治川ダム」と記載されている場合があります。実はこの付近には「加治川ダム」と「加治川治水ダム」の二つがあり、加治川ダムは加治川治水ダムのさらに上流となります。加治川ダムも行ってみたかったのですが「落石により通行止め」となっておりまして、素人さんは加治川ダムまで下行けないようです。残念。


有限会社 BREAK 株式会社 中村組 エリア0258 新潟県日帰り温泉おすすめ情報 栃尾観光協会 『CQオーム』 カサイスタジオ 『電波法令集』    『電波利用ホームページ』 『新潟のLIVEカメラ』『新潟のLIVEカメラ』 『NPO法人住民安全ネットワークジャパン』 アマチュア無線QSLカード印刷のキュービック

トップページへ