JavaScriptを有効にするとメニュー表示されます

いらっしゃいませ。あなたは
番目の
お客様です。ここでは、アマチュア無線と栃尾の話題をメインとしております


始めた日 (2000.02.01)
最終更新 (2019.06.03)

更新履歴




連絡先


    迷惑メールお断り!
 

最近の出来事


「 JAF講習会 」

 20年以上、お布施を続けているJAFからメールでのお誘いがあり、セーフティートレーニングというものに参加して参りました。お誘いメールが来たので必ず行けるのかと思ったら「抽選」だそうで、で、めでたく当選しても「有料」だったのは想定外でしたが。

 会場は聖籠町にある新潟県運転免許センター。初めて行ったのですけど広いですねぇ。隣には県警の交通機動隊があり、隊員が白バイの訓練してました。
 参加者は31台。年齢構成はこれまたアマチュア無線と同じく、私が「若手」の部類に入ります。なのに、車の方はトランクに「羽根」が付いていたり、「どこに空気が入るんだ?」という扁平率のタイヤだったり、レカロシート搭載車だったりと、なんか凄く違和感を感じました。

 内容はというと
 ・運転姿勢と日常点検
    定番ですね。ふんぞり返ったポジションは危ないよ!というわけです
 ・パイロンスラローム
    初めてやりましたが、面白い。(パイロン間隔は9mでした)
 ・低μマットでの急ブレーキ
    圧雪路を想定とのことで、30km/hからの急ブレーキ
    一枚目の写真です。
 ・光電管と赤信号による急ブレーキ
    光電管箇所を車が通過すると赤信号が灯るのでブレーキを踏みます
    この信号機が小さくて辛い!
 ・危険回避
    パイロンで出来た待避場が左右に二つ
    それぞれに黄色ランプが点くようになっていて
    待避場直前でランプがどちらか点灯し、「点灯していない」待避場
    に突っ込んでブレーキかけて止まれば正解
 最後のは余裕が無くて、結構大変でした。

 あとはASV体験とかで、衝突軽減ブレーキの体験コーナーがありましたが、これは自分のにも装着済なのでまあ大丈夫かと。
 それやこれやで、最後に修了証を頂いて帰って参りました。
 40km/hからのフルブレーキとかスラロームなんて、一般道路じゃまずできないので体験できて良かったですね。これは良い経験になるので我がニョーボにも参加させたい・・・・って、アイツ一人で聖籠まで行くのが無理か。(笑)
 「次は40キロで走って」とか「30キロで走って」とか指示がよく出てました。せっかくクルマに付いている機能なので、これに対しては調速スイッチオンで対応。楽ちんでした。(^_^)v


有限会社 BREAK 株式会社 中村組 エリア0258 新潟県日帰り温泉おすすめ情報 栃尾観光協会 『電波法令集』    『電波利用ホームページ』 『新潟のLIVEカメラ』『新潟のLIVEカメラ』 『NPO法人住民安全ネットワークジャパン』 アマチュア無線QSLカード印刷のキュービック

トップページへ